先輩社員インタビュー

現在アクアイグニス(三重県菰野町)で働いている方々の声をお届けします。
応募の参考にしていただければ幸いです。

アクアイグニス片岡温泉
フロント
K.Y

アクアイグニスの雰囲気が良く、一つひとつのオブジェなどに引き込まれました。また何より働く人の笑顔などもすごく良かったので、ここで働くことを決めました。現在の仕事は、主に日帰り入浴と宿泊のお客様の対応をしておりますが、お土産店やカフェでの提供も行っています。私が仕事上心がけているのは、常に人と接する仕事ですので、お客様一人ひとりと目を合わせて、笑顔で話すようにしています。お客様がお帰りになる際に「ありがとう」、「温泉良かった」などのお声をいただいたときにこの仕事のやりがいを感じています。働き始めて2年目ですが、毎日学ぶことばかりです。何年経っても1年目のような気持ちを忘れずに働いて、自分の成長につなげたいですし、常に周囲の人よりも一番でいたいという気持ちを持つようにしています。これからアクアイグニスで働こうという方へは、りんくうタウン、湯の山素粋居に続き、新たな土地でのオープンで、何かと忙しくなると思いますが、それぞれの地でお互いができる限りのおもてなしをして、共に頑張りましょう。

Confiture H(製造)M.Y三重県出身

三重県は私の地元なのですが、そこで地産地消に力を入れているアクアイグニスという施設があることを知り、私もその一員として三重県を盛り上げていきたいと思い入社しました。

アクアイグニス三重は、自家菜園があり、採れたての材料を使ってケーキや料理を作っているのが特徴です。常にフレッシュな状態のハーブなどを使うことができるので、より香りや味の良い商品をお客様に提供することができます。

常に丁寧な作業、きれいな作業を行うことを心がけて仕事に取り組んでいますが、お客様に喜んでいただいたときがこの仕事のやりがいを感じるときです。お客様から直接感想を聞くことができると、やはり嬉しいですし、やりがいを感じます。

この仕事は、自分だけの個人プレーでは出来ないことなので、これからも同僚とのコミュニケーションを大切に仕事に取り組んでいきたいと思います。

アクアイグニスは、一般のお店と異なり、さまざまな種類のお店が集まる施設ですので、ここでしか体験できないような仕事をすることができると思いますので、ぜひエントリーしてみてください。

サーラ ビアンキ アル
・ケッチァーノ
K.F三重県出身

高校3年生の時に、伊勢で奥田シェフの講演会があり、その話を聞いて、奥田シェフがプロデュースしているアルケッチァーノに入りました。

現在イタリアンレストラン「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」で調理を担当していますが、衛生面はもちろん、料理の味だけではなく、見た目にも「美味しそう」と思ってもらえるような料理を作ることを心がけています。

お客様が「また来るわ」や「美味しかった」と言ってくれたり、リピートして来店された時に、この仕事のやりがいを感じますね。将来の夢は地元でお店を出展することです。ですので、どんどんスキルアップをして、少しでも早く目標に届けるように努力していきたいです。

私はアクアイグニスに勤めて7年目になります。いろいろな方々の支えがあり、とても温かい会社だと実感しています。「初めて入った会社がアクアイグニスで良かった」、「アクアイグニスで働けて良かった」と思ってもらえるように、一緒に働きましょう。

笠庵 賛否両論T.N宮城県出身

アクアイグニス三重で働くきっかけは、天然温泉かけ流しの複合施設という個性のある施設というところに惹かれました。また、有名シェフが集まって監修したということも、働いてみたいと思うきっかけになりました。

笠原将弘プロデュースの和食処「笠庵」は、一般のお客様はもちろん宿泊のお客様の食事とコース料理を提供しています。コース料理は賛否両論と同じ料理の内容となっています。

  

笠原将弘プロデュースということもあり、レシピをしっかり守り、誰が作っても同じものを最高の状態で提供できるように心がけています。また、きれいな仕事をし、異物混入などが無いよう常に心掛けています。

仕事はやはり大変ですが、それ以上に自分自身のレベルアップに繋がるような仕事が多いですし、自分がやりたいことをすべてやらせてもらえますし、魚も多くの種類に触れることができます。技術面はもちろん、その他の面でも学ぶことが多いので、やりがいを感じています。今後は、もっと多くの仕事を完璧に覚え、それを他の人に教えられるように努めたいと思います。

覚えること、学ぶことが多くある職場ですし、身に付ければ付けるほど自信が持てて楽しくなってきます。はじめは忍耐力が必要ですが、頑張ってください。

Now Loading...